AIの台頭によって無くならない仕事

2030年までになくならない仕事とは?

 

オックスフォード大学の准教授であるマイケル・A・オズボーン氏が発表した論文

『THE FUTURE OF EMPLOYMENT(未来の雇用)』では、

人間の仕事の702職種を「コンピューターが代行できるかどうか」

という視点でランキング化しています。

以下がそのランキングです。

 

1)レクリエーションセラピスト

2)メカニック、修理工、施工業者

3)緊急管理取締役

4)メンタルセラピスト

5)聴覚訓練士

6)作業療法士

7)歯科技工師、義肢装具士

8)医療ソーシャルワーカー

9)口腔外科医

10)消防士

 

 

https://www.robertwalters.co.jp/career-advice/jobs-in-2030.html

 

 

 

ロボット・AIの台頭によって無くなる仕事とは?

一方、技術革新によって自動化される職種も予想されています。

 

例としてはスーパーのレジ係や、劇場のもぎり、データ入力、コールセンターのオペレーターなどが挙げられます。

 

また、パラリーガルやネイリスト、車の運転手など、専門的な知識やセンスが問われる一部の仕事も自動化が進むとの予測がでています。ロボットの性能の向上により、ルーチンワーク以外の作業も可能になるためです。

 

コンピューターに雇用を奪われない人材になるには、マニュアル的でない作業ができる能力、つまり企画力や芸術性を持つことが求められるでしょう。

 

ダンサーやスポーツ選手など、人間同士の「競技」を担うプロフェッショナルの職種も残ることが予想されています。

 

 

 

メモ: * は入力必須項目です