相模原市南区古淵2-16-15マスカットビル403号室

営業時間10時~20時   定休日:水曜日 完全予約制

電話:042-756-6068  

整体院を始めた理由

私がヘルニアや腰痛専門の整体院を始めた理由をお話します。

 

私自身が過去に、慢性の腰痛に悩まされて永遠に治らないのではないかと思うほど、

日常生活にも不自由するような生活を強いられましたが、驚くほど簡単な方法で症状が改善しました。

 

腰痛で苦しんでいる多くの人々を私の実体験を基に同じような苦しみや痛みを軽減させ、悩み解決できるお手伝いをする為に整体師としての仕事をしています。

 

 ◆股関節の矯正で痛みが無くなりました。(画像は娘の夫です。)

坐骨神経痛性側湾右は、治癒後の画像

※2ヶ月で症状改善

 

左の写真/坐骨神経痛性湾 

右の写真/症状改善したヘルニア

 

整形外科でヘルニアと診断され、病院に通っていましたが、心理的に追い込まれなかなか症状が改善しません。

 

手術をするか?保存療法(保存療法とは手術しない治療法全般)にするか?

と悩んでいました。

 

数年前に、ヘルニアになり、当院ではほとんど手当て出来ませんでした。

 

予約なしでは、突然来院されても施術する時間がなく私の娘が、会うたびに股関節と骨盤の矯正、ストレッチや筋肉トレーニングを繰り返し約2カ月程で痛みが軽減し現在に至ります。

 

心理的な恐れや、いつまで痛みを我慢すればいいのか、このまま治らないのではないか?という恐怖心回復を遅らせます。

 

今は、完全に症状改善、普通の生活に支障がなく恐怖心もなくなっています   

 

ヘルニアは痛みの原因ではありません。

椎間板ヘルニアは、手術しなければ治らない!と思っている方、症状や原因が分かれば治し方は簡単です!

 

「わたし、ヘルニアだから・・・」

 

腰痛でお困りの方が、過去に『ヘルニア』を患ったことを、何年経ってもヘルニアが原因で腰が痛いと思っています。過去のヘルニアが原因だったら、痛みが無くなることはなく、常に痛みが消える事がないのが普通です。

 

ぎっくり腰、腰痛、などで痛みが出たら、病院に行きますが殆んどの腰痛、肩こりは、病院に行っても治してくれません。

 

レントゲンで検査をして骨に異常がなければ、「腰痛症」という診断がくだります。

 

ぎっくり腰の場合は、「腰椎捻挫」悪化すれば椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、変形性脊椎症などの診断が下ります。  

 

骨に異常がなければ、大丈夫ですよ!・・・・と言われます

 

「大丈夫じゃないんだ」

 

       「痛みをとって欲しいんですよね」

  


思い込みで痛くなる!

腰が痛くなり病院でヘルニアや脊柱管狭窄症などの
診断をされ、痛みの原因がその病名にあると思い込み

 

ヘルニアだから腰が痛い!
脊柱管狭窄症だから腰が痛い!

というのはまちがいです。

 

痛みと、ヘルニア、脊柱管狭窄症などの病名は関係ありません。
思い込み取り除けば簡単に症状改善する人は大勢います。

 

病院に行けば「なんでも治してくれる」

という思いこみをなくさなければ
痛みから解放されることは難しくなります。

 

ヘルニアと言われたら安心です。

 

ヘルニアが痛みの直接原因ではないことが詳しく解説されています。

「加茂整形外科」

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_211.htm 

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/


 

「ヘルニアが痛みの真犯人説」にはいろいろな矛盾があることを医師は知っていますが、その矛盾に正面から答えようとしません。矛盾は医学につきものの例外としてかたづけているようです。権威ある医師の書いた医学書を唯一のバイブルとして思考が停止しているかのようです。

 

手術してもよくならない患者さん、再発を繰り返す患者さんとじかに接することの多い理学療法士や看護師のなかには「何かおかしい」と感じている人も多いことでしょう。

 

健常者の中にもかなりヘルニアがみられる。

ヘルニアが圧迫している神経支配領域と痛みの場所がちがうことが多い。左右のちがいがあることもある。

  

神経を圧迫すると痛みがでる??,これは患者さんは疑問に思わないかもしれないが、生理学を勉強したものにとっては疑問です。ギプスなどで神経が圧迫されると麻痺が生じます。

 

神経根が炎症を起こすと痛みがでる??,物理的な圧迫でなくて化学的な変化で説明を試みる人もいるが、たとえそうだとしても、なぜ痛みが生じるのか。

 

神経の走行に沿って圧痛があるといわれているがその理由は?

保存的治療で治ることが多い。圧迫を放置すると不可逆的変化が生じると考えるのが普通です。

 

手術で除去しても治らないことがある。

神経根ブロックや硬膜外ブロックが効かないことがある。

  

これらの疑問、矛盾に明快に答えたものをみたことがありません。それなのにヘルニアを痛みの真犯人とするのは強引すぎます。激論を戦わせてもこの説は勝ち目がありません。

 

ヘルニアと痛みは無関係です。では手術でよくなる人がいるのはどうしてでしょうか。全身麻酔で手術した場合、麻酔による脳のリセット、筋弛緩剤による筋肉の完全リセットの効果ではないでしょうか。

 

またカイロや整体でよくなる人がいるのと同じことで「痛みの原因を退治したという儀式」で脳が沈静化することもあるからでしょう。

 

いろいろなタイプのヘルニアがあるのではなくていろいろなタイプの脳があるといわざるをえません。痛みの真の原因は生理学的不具合なのですからどのような方法を用いても結果的にそれが収束する可能性はあります。

 

 

さがみはら整体院

相模原市南区古淵2-16-15 マスカットビル403号室

営業時間10時~20時 定休日:水曜日 完全予約制

電話 042-756-6068 

メール:seitai_sagami@yahoo.co.jp 

アクセス:古淵駅徒歩2分